お墓情報まとめ

雨天時にお墓の施工は【超危険!!】アナタの石屋は大丈夫ですか?

更新日:

雨天 施工 お墓
雨。

【石屋には大敵】です。

 

外作業で濡れるのが嫌だからじゃないですよ(笑)

(確かに嫌ですけどもw)

なぜ、雨天時にお墓の施工をしてはいけないのか考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

雨天で施工をすると【危険】が伴う

雨天時でも強行すれば、作業を続けることは可能です。

ただ、晴天時より危険が伴ってしまいます。

 

まず【クレーン作業】が出来ません。

昨今の石材は鏡面仕上げと言って、表面を『ツルツルの鏡の面のように磨き上げる加工』が主流です。

 

そんな摩擦係数がかなり低い石を濡らしてしまうと・・・・

簡単に【滑ってしまって危ない】訳です。

 

そんな滑りやすい石をクレーンで吊ろうものなら・・・

危ないわ、落として石も壊れかねないわ、で何とも作業が出来ない訳です。

 

手で持つにしても、ツルツル滑って危ないですしね。

石を運ぶ時にも、路面が濡れていて、重機なども滑りやすくなってしまいます。

 

それでも雨天時に、作業を強行する場合は、吊る接地面の水分を拭き取って、あるいはガスバーナーで乾かすなどして吊り上げるか、帯状の吊り具を使って滑らないよう注意します。

 

スポンサーリンク

 

雨天時に施工してはいけない【絶対的な理由】

コチラの方が【危険作業】よりも、重要と言えるかもしれません。

 

【セメント工法】について

コンクリートやモルタルなど、セメントを主剤にして、水を使って行う施工法を湿式工法と言います。

このセメントですが、水に濡らしてはいけません。

セメントは水と化学反応を起こして、その強度を発揮するのです。

 

作業前に濡らしてしまうと、いざ作業をする時にセメントが弱体化してしまいます。

セメントは濡らしたらすぐに使わないと、本来の強度が活かせないのです。

 

また、施工後にモルタルやコンクリートに、水がかかってしまう・雨水がかかってしまうと、セメントの成分が流れてしまうこともあります。

施工後のコンクリやモルタルの上に、水が溜まってしまうなどすると、【最悪】です。

エフロレッセンス(白華現象)と呼ばれる、白いシミが出てきてしまいます。

(セメントの成分が溶け出し、再凝固したもの)

エフロについてはコチラからどうぞ。

石を内部から破壊!!石肌がボロボロに!?本当に怖いエフロレッセンスの恐怖!!

 

ただ、こちらはまだ、水とは相性の良い施工法なので、雨の中でもやって出来ないことも無いのですが・・・

石材が濡れていても、いや逆に濡らしておいた方が、石材へのセメントの付きはいいのです。

セメントは水と反応するので、乾いた石より濡れた石の方が付きは良いのです。

【ボンド工法】について

セメント工法に対して、ボンドやコーキングなどを使う方式、こちらを乾式工法と言います。

その名の通り水を使わず、薬剤を使う施工法です。

 

こちらは【水分が大敵】で、石材が濡れていようものならアウトです。

接着面が乾いていないと、十分な強度が出せないのです。

 

最近はこちらの施工法の方が、耐震性能も高く作業数も多いので、特に雨は大敵な訳でございます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上の理由から、雨の日は現場が出来ません。

商売上がったりです。

 

たまーに大手の下請けなどは、『安請け合いの使い走り』なので、【雨天時】でも施工をやるしかなく、テント張ったり、カッパ着たりなどして工事しているのを見かけますね。

ハッキリ言って危ないですし、接着も甘くなります。

 

まぁ大手には大手の事情もあるのでしょうが、あまり感心出来ることではないと思いますね。

『雨だろうがお構いなし!?』大手石材店と下請け業者の【お墓耐震施工の実態】とは!?

関連

関連記事&スポンサーリンク



-お墓情報まとめ
-, ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.