お墓情報まとめ!

【お墓の物損事故】お墓を壊されたのに泣き寝入り!?

更新日:

事故 お墓 物損
お彼岸前の連休が台風直撃・悪天候でしたので、
ここ数日ぼちぼちお墓参りの方が見えています。

日野公園墓地では、
お彼岸の週末は車両が入れませんので、
入れる平日にお墓参りにいらっしゃっているという訳ですね。

今回の台風では、
日野公園墓地の一区画で、
大きな木が倒れる被害がありました。

幸いと言うのは不謹慎ですが、
当店のお客様のお墓は、
被害区画内にはございませんでしたので一安心です。

横浜市から委託されて、
日野石材工業協同組合にて木の撤去・掃除を行って参りました。
(ぶっとい木はさすがに素人手では無理なので造園屋さん行きですがw)

幸い(今度は本当に)竿石や上台がばらけているだけで、
据え直しをするのみでオッケーそうなモノから、
羽目石がちょっと破損しているくらいの軽度の損傷のみでした。
正に不幸中の幸いというやつですね。

お墓の物損事故について、
お話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【お墓】を壊された!?

お墓の破壊と言えば・・・・

台風とは関係ないですが、
ちょっと欠いたくらいならまだしも、
ウチのお客さんのお墓が、
大分派手にぶつけられていまして・・・

狭い道で明らかに【工事車両】か何かがぶつけた痕です。
親柱・羽目石・均石・がボッコリ外れています。

で、その区画は通り抜けなどする道ではなく、
奥の方で工事など無い限りは、
車両が入る道ではないのですね。

発見したきっかけは、
私がお墓掃除に行った折でした。

 

スポンサーリンク

 

すぐさまお客様に連絡し、
「最後にいついらっしゃったか」確認をとったところ・・・
8月のお盆に来た以来である、と。

どうしたものか、
とりあえず、
ありのまま起こったことを管理事務所へ報告・相談したところ・・・

「その間に該当区画へ入った業者は一件だけだ」と。

一応、「お前が犯人だろ!!」とは言わないが、
確認をとってみてくれる、とのことでした。

まー、結果は当然ですが、
その業者は『知らぬ存ぜぬ』だそうで・・・

困っちゃいますねー。
日野の石屋さん同士だったら、
報告や相談も簡単なのですが、
おそらくは外部の業者でしょう。
大手の下請けなどかもしれません。

こうなってしまうともうお手上げで、
お客さんが警察へ被害届を出すなり、
実費で修理するなりするしかないのですが、
お客さんは「今とても疲れているので何もする気がない」、とのことでした。

うーむ、ここまで【状況証拠が揃っている】のに歯がゆいところですね。
ちょっと欠いたくらいならまだしも・・・
ガッツリ・ボッコリ、
あーこりゃマズイ!の状況でトンズラこくのは・・・

良い大人として、社会人としてどうかと思いますけどねー。

あまつさえ物損が人様のお墓なのに、
よくしらばっくれることが出来ますねー。
まったく不届きものが居たもんです。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに工事していたのはここのお墓じゃないかなー?っていう、
目星もついているんですけどね、
お墓には建立月を彫り込むのが普通なので。

『平成二十五年九月吉日建立』
のお墓が該当区画に一件ありますので。

そちらのお客様が知ったらどう思うでしょうね?
(知ることはないでしょうけど)

自分のお墓を造る時に、
他人様のお墓を壊していたなんて知ったら、ねぇ?
まぁ、これ以上、
私どもの立場では手が出せないので、
泣き寝入りになってしまうのが悔やまれるところでございます・・・・

-お墓情報まとめ!
-, ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.