お墓情報まとめ!

【埋葬のお手続き】ってどうやるの?当日の流れは?

更新日:

埋葬 流れ お手続き
先日、
古くにうちのお店で建墓された方が、
納骨のご用命でいらっしゃいました。

納骨式、事前・事後の流れやお手続きなど、
「どうしたら良いか」というご相談でございます。

確かに墓地の名義人さまが亡くなられた場合など、
こういったケースは度々ございます。

自分がその立場にあったら、
右も左も分からずにそうなってしまうと思います。

そんな埋葬時のお手続きその他の流れについて、
お伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

火葬から埋葬までの流れ

火葬後、葬儀社より、【死体火埋葬許可証】をもらう

火葬後に、
葬儀社より【死体火埋葬許可証】が発行されますので、
それを保管しておきます。

墓地管理事務所にて【死体火埋葬許可証】を提出し埋葬届をする

埋葬届は埋葬当日でも可です。
お寺の場合はお寺に提出をします。
墓地の使用許可証が合わせて必要になります。

お寺さん(神主さん・牧師さん・神父さん・その他)の手配

墓前での読経の手配です。
必要なければ呼ばない場合もございます。

石材店へ埋葬・字彫り、お花の依頼

埋葬前にお墓掃除とフタ石を開けて、
中の確認など事前準備します。

字彫りは以前に彫ってある形式に合わせて彫ります。
通常は「戒名・俗名・御命日・行年」の4点を彫り込みます。
※もちろん、お好きなように変更することも可能です。

通常のお参り用生花で済ます方もいらっしゃいますし、
特別に5000円ほどで生花をお造りする場合もあります。

49日前後に埋葬

既存の墓地がある方の通例です。

もし【新規建墓】をする際は、
49日では足りないです。
綿密に打ち合わせを重ねたうえで、
余裕のあるスケジュールにて建墓しましょう。

また49日で納骨すると言うのは、
決まりではございません。

仏教において、亡くなってから49日というのが、
【仏になる】とされる期間だからです。
(神道においては50日が節目)

 

スポンサーリンク

 

埋葬当日の流れ

埋葬時の流れは、

  1. 現地なり当店なりにご集合頂く
  2. お墓へ行く
  3. お供物やお花、お写真・お塔婆があれば飾る
  4. 石屋による納骨
  5. 僧侶による読経
  6. 参列者様によるご焼香

埋葬の所要時間は、
大体20分~40分くらいになります。
(人数やお経の長さ、移動時間などで前後します)

埋葬供養後は、
そのまま法要として会食されることが多いです。
※別に決まりではないので、そのまま解散される方もいらっしゃいます。

 

名義変更について

もし墓地の使用者ご本人様が、
亡くなられてしまった場合には、
埋葬届と並列して名義変更も行わなければなりません。
(承継手続きと言います)

名義変更がまた、しち面倒なのですよね。
書類が墓地使用許可証をはじめ、
戸籍謄本や住民票など数点の書式が必要になります。
(墓地によって若干違います)

特に墓地の使用許可証などは、
数十年前に名義人さま(亡くなられた方)が取得したモノであったりすると、
もうほとんどの方が見つけられません。

そうなってくると【紛失届】なども、
別途必要になってしまう訳ですね。

名義変更が書類を揃えることが煩雑な理由としましては、
他のご兄弟・血縁者様などが与り知らぬ時に、
勝手に、
【遺産であるお墓】を承継してしまっては事だからです。
※しかし【お墓】は非課税です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

埋葬時の流れについては上記の通りとなります。
愛する故人が亡くなったばかりで大変だとは思いますが、
色々とやらねばならないことがある訳ですね。

しかし忙しくしていた方が気も紛れるかもしれません。

当店では、
既存のお客様以外でも、
埋葬は承っておりますので、
ご用命の際は是非よろしくお願い致します。

-お墓情報まとめ!
-, ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.