お墓の施工について

『雨だろうがお構いなし!?』大手石材店と下請け業者の【お墓耐震施工の実態】とは!?

更新日:

雨 施工 耐震 お墓 下請け 大手石材店
いや~暖かくなってきたと思ったら、
まだまだ雨天時は寒いですね!

こんな雨天では仕事になりません。

しかしこの雨の中、
大手石材店の下請けさんは、
今日この雨の中でも施工しているのを見かけましたが(汗)

公募区画の基礎打ちかな?
据付かな?

どちらにせよ、いいのかなー。

雨の中、
施工しちゃってホントにいいのかなー。

雨天でしんどいから仕事をしない訳ではありません。
(確かにイヤですけどねw)

【雨天でお墓の施工】をすると、
『耐震施工的に非常にマズイ』からです。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

【雨天時】に【お墓の施工】をしてはいけないワケ!アナタの石屋は大丈夫ですか?

『雨だろうがお構いなし!?』大手石材店と下請け業者の【お墓耐震施工の実態】とは!?

考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

大手石材店は誰が施工をするのかご存知ですか?

お仏壇・【お墓でも売上No.1】を自負する、
はせがわさんなんかは顕著な例ですよね。
(あと折込チラシでお馴染の鎌倉の石材店、石○さんとか)

だって仏壇屋さんであり、
石屋さんじゃありませんもの。

自社で実際に施工をする、
石材部や職人というものを雇っていません。

実際に雇っているのはお墓の営業マンだけであり、
施工は下請けに丸投げです。

「え?なんでそんなこと分かるの?」

ハイ、だって日野公園墓地に下請け業者しか来てないですからww

もちろん、
『はせがわさんの下請けです!!』
とデカデカと立札とか名札を下げている訳ではございませんが、
単純に施工数が多いですし、
実際に話しかけて聞いてみたこともありますw

この間、基礎屋さんに世間話で、
「こんにちは!」
と爽やかに(笑)探りを入れたところ、

「はせがわさんと、○長さんと、両方の基礎を打っているので、
この区画がドチラかは分からない」
「両方合わせて30~40くらいは打った」
「まだ予定もある」

という情報が。

コチラで作業している方は、
会社からトップダウンで場所を指示されるのみで、
どこのお客様の墓地なのかどころか、
どこの石屋の区画かも把握していない、ということですね。

・・・うーむ。よいのかな?それ。

施主様を担当した営業マンが、
実際に作業現場で確認をしながらとかしないの?

もしくは、
せめて○○という石材店の○○様というお客様の区画、
というくらいは周知しとかないで良いのかしら???

実際に施主様が現場にいらしたらどうするのでしょう?

だって顔が分からないのは、仕方ないとしても・・・
こうなりません?

施主「お疲れ様です~」
下請「どうも・・・?」
施主「あ、○○です~」
下請「?はぁ・・・?」

役割分担がハッキリしていると言いますか、
なんとも私ども零細石材店からは考えられない状態ですね。

 

スポンサーリンク

 

下請け業者は数をこなさなければならない

なんで下請け業者が危険やリスクを取ってまで、
雨天時に施工を行っているかと言えば、
『施工数を稼がないと利益が出ないから』
です。

彼ら業者は日当ではなく、人工代でもなく、
【施工した区画数】に伴って手間代が支払われる仕組みなのです。

ですから、
短時間・短期間で『工事の施工数を稼げば稼ぐほど儲かる』訳です。

コレってよく考えると怖くないですか?
もちろん作業の効率化や習熟度はドンドン上がるかもしれませんが、
反面、
常に常に、
急いで・焦って仕事に取り組まねばならないってことですよ。

自分のお墓が突貫工事で仕事されると思うと、
ちょっと不安じゃないですか?

実際に【施工を想定】して考えてみます。

確かに一日の内に組み上げることは可能です。
しかし当店ではやっていません。

何故か?

すぐに上の石を重ねてしまうと、
わずかでも【動いてしまう可能性があるから】です。

それに石を重ねると言っても、
クレーンでは、
1cm1mm単位の精密さで下ろすことは出来ません。

そうなると、下ろした上で、
手作業にて微調整が必要なんですよね。

下の石を据えたばっかりで、
上に乗っけた石をゴチャゴチャ動かしていたら、
下の石がわずかではありますが、動いてしまいます。

せっかく正確に据えた石が動いちゃまずいでしょ。

ま、もしくは、
瞬間接着剤で仮止めしているのかもしれませんけどね。

しかし【瞬間接着剤】などの、
言い換えると【化学変化のスピードが早い接着剤】は、
反比例して【耐震強度が低い】のです。

ホントにただの仮止めにしか使えません。

逆に、24時間以上固定の必要があるような、
【化学変化のスピードが遅い接着剤】は、
その分比例して【耐震強度が高い】訳です。

ですので当店では、
多少時間がかかってしまっても、
時間を置いてから施工をするようにしています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

大手さんはとにかく仕事が早い!です。
今回の公募でも既に、
10数基以上は建墓済であることを確認しています。

対して当店はまだゼロです^^;

【物理的に石が入ってきていない】ということもありますけどね。
※基礎工事は複数件、終了しています。

現在建墓済のお墓はおそらく、
【墓地使用許可証】が発行されるよりも前に、
発注をかけてしまっていた墓地でしょう。

手付金を頂けば対応出来なくもありませんが・・・

工事届を出す前に石部材の発注をかけるのって、
施主様も石屋側も【ちょっとリスキー】じゃないかな?とも思います(汗)
(まぁほとんど許可証が出なかった!!ということもないですけどね)

2月や3月に埋葬したい急ぎの方の為に合わせるのであれば、
致し方ないのかもしれません。

さて対して当店は、
『焦らず確かな施工で堅実に』、
施工していきたいと思います。

納期は必ず守りますケドね(笑)

-お墓の施工について
-, , , , ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.