SEO情報まとめ!

広告媒体に何を使っていますか?【インターネット集客】を徹底解析!!

更新日:

集客 インターネット 広告
いや~SEOの世界ってホントに奥が深いですね!
楽しくて仕方がありません。

最近、
日がなサイトの統計情報見ているだけでも、
飽きなくなってしまいましたwww

私は今後の集客や広告の基本は、
【インターネット】が、
メインになるものだと信じてやみません。

そして、
これはなにも石材店に限った話ではございません。

ということで、
広告媒体に何を使っていますか?【インターネット集客】を徹底解析!!
をお送りします!

 

スポンサーリンク

 

インターネット集客とは

ひとくちにインターネット集客と言っても、
その手法は様々存在します。

代表的な物がホームページですよね。
企業HPを持っている会社様は多いことでしょう。

次にブログ、
そしてその他ソーシャルメディアが有名ですね。

では、
他の違った視点から展開するインターネット集客とは、
どういったものがあるのでしょうか。

  • ポータルサイト
  • サテライトサイト
  • ランディングページ

などなど。
それぞれ見ていきましょう。

ポータルサイト

この中ではポータルサイトが、
一番一般的でしょうか。

HPやブログをお持ちの場合は、
手軽に登録が可能です。

かの有名な食べログなども、
【ポータルサイトのひとつ】と言って良いでしょうね。

ただし、

一般的=インターネットに溢れかえって飽和状態

とも言えます。

ちょっとばかしの、
ポータルサイトに登録したからといって、
劇的に集客やアクセス数が増えるものではありません。

それに食べログでのステマ問題も話題に上がりましたよね。
ポータルサイトという特性上、
出来レースでやらせ込みである可能性も結構高い訳です。

そんな余計なところで企業イメージを落としたくはないですよね。

サテライトサイト

これは例えば石材店で考えた場合、
企業HPでは、
新規建墓からリフォーム、企業案内まで、
すべてを網羅したサイトを作るのが普通です。

対してサテライトサイトとは、
お墓のリフォームならお墓のリフォームに、
【特化したページ】を作成するサイトです。

そこから、
お墓のリフォームをしたいユーザーをメインで、
かき集めるネット集客システムになります。

また企業HPにリンクをしておくことで、
ドメインオーソリティを高め、
SEO的にも良質な効果を得ることが狙えます。

ランディングページ

インターネットサーフィンをしている時に、
縦に長~いページを閲覧したことがありませんか?

それが【ランディングページ】です。

売りたい商品の特性を「これでもか!」と紹介し、
その合間合間に申込ボタンや、
問合せボタンを設置してあるページです。

うまく作ると、
成約率が高いページになります。

私個人的には下品で嫌いですw

 

スポンサーリンク

 

色々あるけど、やっぱり【HP】と【ブログ】を重視します

先の項で挙げたように、
色々な方法があることはお分かりかと思います。

しかし、
その他の戦略というのは、
いわば【奇をてらった戦法】に他なりません。

そういった戦術に頼らずとも、
先にやれることがあるのではないでしょうか。

アナタのHPやブログは、
やれるだけのことをやってあり、
検索順位は高順位をつけていますでしょうか。

ハッキリと、
うなずける方だけが、
他の集客法を使えば良いのです。

ただし、
個人的には【ホームページ】と【ブログ】、
この二点が完成すれば、
「他にネット集客ツールは要らないのではないか?」
とさえ思っています。

twitterやFacebookを代表する、
【ソーシャルメディア】には可能性を感じますが、
【ソーシャルメディア】によって、
バズったアクセスは、
時間と共に収束してしまうことが常です。

※バズ、バズった、バズる、とは、
記事やページがソーシャルメディアで紹介され、
シェアにつぐシェアにより、
瞬間的に爆発的なアクセスを集める現象の事です。

であるならば、
『サイトの地力を高めること』を意識した方が、
長い目でみるならば、
集客に繋がることになるのではないでしょうか。

 

インターネット集客と通常販促のコストパフォーマンス

当店では今後は、
紙媒体や通常の広告媒体を減らしていこうと思います。

通常の広告媒体のコスト

  • 折込チラシ
  • ポスティング
  • 駅看板広告
  • バス広告
  • 電柱広告
  • フリーペーパー広告

私も色々やりましたが、
これらはコストばっかりかかって、
【費用対効果は皆無に等しい】んです。

もちろん、
「広告の造り方が悪いんだ!」
と言われればそれまでですが、
プロに作成依頼した上で、
大した効果が得られていませんからね。

それになにより全部、
【単価が高過ぎ】ます。

折込チラシを数万部撒けば、
それ一回だけで数十万円かかりますからね。

それで反響率が悪かった日には、
目も当てられません。

こういった広告媒体は、
企業体力(資本の多い)大手企業さんにお任せします。

もちろん紙媒体を廃止するとはいえ、
店頭で配布したり、
資料請求時にお送りする様な、
チラシやパンフレットは作成しますけどね^^;

HPのコスト

対してインターネット集客ですが、
それなりの業者でHPを依頼すると、
数十万かかり、
ランディングコストも1万~2万円程度かかってしまいます。

しかし、
初期投資さえしてしまえば、
ランディングコストは月々数万円程度です。

バス広告やフリーペーパー広告などだと、
月数万円などというのは普通です。

それらに比べたら、
24時間どこからでも閲覧できる広告塔のHPは、
コストパフォーマンスが良いと思えませんか?

もちろん、これすらも高いということであれば、
ほぼ初期費用なしで、
【自作する】という手もあります。

かくいう私も最初の頃はそうしていました。
ただし、
何も知らない場合、
1から【html】や【CSS】、
はたまた【SEO】のことについてまで、
誰も教えてくれない中、
作業を進めていかねばなりません。

私もトライ&エラーでやってきましたが、
個人で出来る限界を感じ、
業者委託と致しました。

ただ、自分でやると色々と覚えることも出来ますけどね。
しかし、そもそも時間がないとできません。

ブログのコスト

有料ブログ

コチラもHPと同じく、
コストがかかります。

このブログも、
独自ドメインの代金と、
レンタルサーバーの代金がかかっています。

HPに比べればたかが知れていますけどね。
独自ドメインは月100円程度のものを使用しています。

もっと【.com】だとか【,jp】だとか、
有名ドメインを利用する場合には、
月々のドメイン代も上昇します。

レンタルサーバーはいくらだったかな、
月700円~800円程度だったかな?
(私個人のカード引き落としなんで、
あんまり確認してませんw)

だた、コチラはサーバー一つで、
複数個のサイト管理が出来ます。

私は現在、
このブログを含めて4つのドメインを使用しています。
ですから、
4つで割れば200円程度のサーバー代だということですね。

もしこれ以上サイトが増えて、
サーバー容量が足りなくなってしまった場合には、
新たなプラン契約をしなければなりませんが、
まだまだ容量には余裕があります。

無料ブログ

無料ブログが存在しているのに、
「何故有料ブログを使っているのか?」
それは様々な理由があります。

私も以前は無料ブログを使用していました。

そして、
ちょっと物足りなさを感じ、
無料ブログサービスの有料拡張サービスを使用し、
やはりそれでも物足りなさがあったので、
有料ブログを使用するに至ったのです。

無料ブログに対して有料ブログの優れている点

一番にあげられることは、
【SEOに強い】ということ。

ドメインを育てれば育てるほど、
有料独自ドメインブログの方が強くなります。

無料ブログは、
ドメインの庇護を得ているので、
初期から一定以上のSEO水準を獲得していますが、
長い目で考えると、
頭打ちも早いのです。

対して有料独自ドメインブログの場合は、
初期こそアクセス数は皆無ですが、
しっかりと構築すれば、
その水準は留まることを知りません。

偉そうに言っていますが、
このブログはまだまだ【低水準域】を漂っていますw

独自ドメインの経歴が浅いことと、
Wordpressへ引っ越したのが最近だからですね。

しかしサーチコンソールやアクセス解析から、
確実にオーガニック検索が上昇していることは確認済です。
この調子で育てていきたいと思います。

私の持っている趣味のブログは、
同時期にワードプレスへ引っ越しを行いましたが、
更新頻度の高さや、
リファラ流入・ソーシャルバズなどを経験した為に、
見違えるほどアクセス数を見込めるようになりました。
※現在3000~4000PV/日

ブログジャンルが違うので、
このブログがそこまでのアクセスを集めることは、
難しいように思えますが、
まだ上げ止まりを感じるレベルではありません。

さらに育成していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

色々と蛇足も多くなってしまいましたが、
これからはインターネット集客がメインの時代です。

総務省 スマホ普及率
画像引用元:情報通信白書平成27年版

スマホ普及率は右肩上がりで伸びており、
27年度の総務省発表では、
世帯別普及率64.7%を誇っております。

特筆すべきは、
機械が苦手そうな50代の方でも、
既に75.1%もの方が保有し、
さらに60代以上の普及率も36.7%となっております。

この数値は年々増えていくことは間違いないでしょう。

Googleの見解でも、
今後はPCが無くなり、
すべての端末がスマートフォンを代表する、
携帯端末機器へと変遷していく、
という見通しを発表しています。

まだ実用している方はあまり見かけませんが、
ウェアラブル端末なども段々と普及してくるのでしょうね。

こんな世の中です。

紙媒体で広告を出すより、
インターネットで広告を出した方が、
理に適っていると思いませんか?

-SEO情報まとめ!
-, ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.