スポンサーリンク




墓じまい

『墓じまい』のやり方まとめ!服装やお骨はどうしよう?

更新日:

墓じまい お骨 服装

「墓じまい、葬儀や埋葬とは違う気がするけれど・・・」

「一体どんな服装で行けば・・・?」

 

一生に一度あるかないかの墓じまい。

作法やマナーなど、どうしたらよいのか迷ってしまいますよね。

まとめていきたいと思います。

 

ということで、
『墓じまい』のやり方まとめ!服装やお骨はどうしよう?
をお送りします!

 

スポンサーリンク

 

『墓じまい』の際の服装

端的に言ってしまえば・・・

『特に気にしなくともよい』が答えです。

 

なぜかと言えば・・・

墓じまいをされる時に、親戚が一堂に会して、盛大に行う方って、そうそういらっしゃるものではありません。

 

『墓じまい』をされる方の多くは、「内々だけで」とか、「お坊さんも呼ばずに」という方が大多数です。

ですから『服装もそこまで気を遣わなくともよいのでは』ということになる訳です。

 

お坊さんを呼んで【閉眼供養】を行う、いわゆる『魂抜き』の作法に則って法要を行う際には、やはり弔事ですから、喪服が正解かも知れないですけどね。

とは言え、どの道少人数ですし、内々のことですから、小奇麗な格好だけ整えておけば、特に気にしなくても良いものだと思います。

埋葬時だって、平服のご家族もいらっしゃいますからね。

 

スポンサーリンク

 

墓じまいの際のご遺骨

墓じまいをし、お墓を解体される時には、お骨をどこに移すのかを決めねばなりません。

移転先が決まっているのであれば、実際にどうやって移動させるのかも検討せねばなりません。

 

近隣の『永代供養墓に移す』というのでしたら、当方の方で簡単に移動をお手伝い出来ますが、『ご自宅や遠方の墓地まで』となると、ちょっと考えねばなりませんよね。

 

そんな時に便利なのが・・・

なんと【ゆうパック】

【ゆうパック】ではお骨をご郵送することも可能なのです。

 

え・えぇ~~??

お骨を送っちゃうの??

 

と思われるかもしれません。

ですが、例えば県外へ、しかも関東から九州までとか、かなりの遠方までお骨を運びたいとなると、手で持って運ぶのは非常に大変です。

 

しかもお骨が1つだけならば、それも何とかなるかもしれませんが、4つも5つもあったらどうしましょう?

お車の方でしたら、まだ良いですけど・・・

各種公共交通機関で、お骨を複数個も持って移動するのって、非常に難しいものを感じます。

 

実際、お骨の取り出しに立ち会えないので、取り出しから郵送まで任されるケースを何件も行いました。

まったく便利な世の中になりましたよね。

 

・・・しかし私ども石屋はお骨の扱いに慣れていますが、

郵便屋さん達は、ちょっと怖がっちゃうかも!?しれませんね^^;

 

ちなみにですが、クロネコヤマトや佐川急便では、遺骨の取り扱いはしておらず、ゆうぱっくのみが受付可能となっております。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

一口に墓じまいをする、と言っても、様々な準備が必要になってきます。

今回は【服装】や【お骨】について考えてみました。

墓じまいについて、何か分からないこと、疑問に思ったことなどありましたら、お気軽にご質問ください。

関連

関連記事&スポンサーリンク



-墓じまい
-, ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.