横浜日野公園墓地の米陀石材店

日野公園墓地の米陀石材店がお墓に関することをまとめていきます

元プロDJ【照恩寺住職】が送る!念仏やお経とテクノミュージックの融合!

      2016/06/17

テクノ 念仏 照恩寺 音楽
画像引用元:http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/pickup_photo/94800.html

昨今の仏教離れ・宗教離れは著しいですが、
そんな中、
福井県福井市のお寺、
『照恩寺』さんで、
新しい試みがなされています。

なんと、お念仏とテクノミュージックの融合だそうです!

ということで、
元プロDJ【照恩寺住職】が送る!念仏やお経とテクノ音楽の融合!
をお送りします!

 

スポンサーリンク

 

お経のリズム感と抑揚

私的に思うのは、
お経って音楽に似ている、
というよりも、
音楽の【1ジャンル】とみなしてもよいのではないかな?
ということです。

仕事柄、
様々な宗派、
様々なお寺さん、
様々なお坊さんのお経を耳にしています。

宗派でお経やリズムが違うのは当り前ですが、
面白いことに、
同じ宗派でもお寺によって結構唱え方が違ったり、
それこそ同じお寺の中でもお坊さんによって、
音階や抑揚が違っていたり。

そんななか、思うのは、
「あぁ、あそこの住職はやっぱり良い声しているなぁ」
「うぅむ、ここのお坊さんはまだまだ声量が足りないよね」
「独特な声とリズムを持っているな」
などなど。

これってまさに音楽?
といっても良いのではないでしょうか。

今度機会があったら聞いてみたいと思います。
「あの音程やリズムは楽譜などあるのか?」
「お経本には何も書いていないけれども、すべてが口伝なのか?」
この辺仏教雑学として、ちょっと気になりますね。

あ、ちなみに、
お経とは別に御詠歌という、
仏教での歌も存在しています。

 

スポンサーリンク

 

照恩寺住職はテクノとの融合を

そんな音楽と近いモノを感じるお経ですが、
福井県福井市にある浄土真宗のお寺『照恩寺』さんで、
新しい試みをしているとのヤフーニュースが。

『テクノミュージックとお念仏を融合させる』

という試みが!
いや、凄いですね!

面白く新しい試みだと思います。
その根底には、
親鸞聖人が行ったとされる、
「はやり歌に乗せてお念仏を伝えた」
という歴史を踏襲し、
現代でも同じことをやってみた、ということらしいです。

新しい試みの様で、
開祖親鸞聖人の模倣でもある、
面白い試みですよね。

 

 

仏教離れと宗教離れ

何もしないでいると、
ドンドン『仏教離れ』は進行して行ってしまうことでしょう。
特に地方部では顕著なのでしょうね。

こういった新しい試みをドンドン行って、
新しい檀信徒獲得に動いていかねば、
お寺の未来は明るくないと思います。

いきなり何かを始めると言うことは、
難しいことと思いますが、
ふんぞり返って高級車を乗り回していられる時代というのは、
終焉に向かっているということですね。

 - 時事ネタまとめ! , , ,