その他の情報!

海洋散骨の値段とは?価格よりも法律が気になるトコロ!?

更新日:

散骨 海洋 法律 値段 価格
『散骨』と聞くと、
アナタはどんなイメージを思い浮かべますか?

山?海?樹木?

テレビなどでなんとなく見たことがあるだけの方が、
ほとんどかもしれません。

今回はそんな海洋散骨に注目してみたいと思います。

ということで、
海洋散骨の値段とは?価格よりも法律が気になるトコロ!?
をお送りします。

石材店としては、
皆様が散骨を選ばれてしまうと、
商売あがったりではありますがw

それでも新たな葬送法として注目されている散骨です。
石屋側も、
ただただ否定的な意思を見せているだけでは、
時代に取り残されてしまいます。

ということをテーマに、
横浜技能育成推進委員会にて、
海洋散骨に詳しい石屋さんを招いての、
質疑応答と海洋散骨の実際の内容を講義してもらったのです。

以下、大分受け売り部分も多いですがご容赦くださいwww

 

スポンサーリンク

 

散骨の法律

散骨に関する法律って実は、
まだ“全くもって存在しない”のです。

私、仕事を始めてから、
5年ほど経ちますが、
もちろん仕事を始めた当初から、
散骨に対しては関心がありました。

その時調べた時から現在に至るまで、
法整備が整っていないのは全く変わっていません。

そろそろ法整備を行っても良い頃合いかと思うのですが・・・・

結局のところ、
25年以上前に法務省が非公式発表した、
『葬送を目的とし、節度を持って行えば問題ない』
という見解のみがあるだけです。

いい加減、行政も散骨の法整備を行うべきではないのでしょうか?

各自治体では、
散骨を禁止したり、
制限したりする条例を制定している市区町村も存在しています。

つい最近世間を騒がせていた、
北海道七飯町も、
『散骨に対する制限条例を制定している町』のひとつです。

国が大体的にルール化するのは難しいのでしょうか。

 

焼骨を粉末にする必要

『節度を持って行う』ということに含まれる内容です。

焼骨をそのままポーイ!って散骨してしまった場合、
なんらかのタイミングで人骨として見つかってしまうと、
変に事件性を感じてしまうかもしれませんし、
大きいままですと環境に対する影響も大きくなってしまいます。

ですから、
分解されやすいよう、
自然への影響も少なくなるよう、
焼骨をパウダー状にする必要性がある訳ですね。

しかし、そこに意外な盲点が・・・・

 

スポンサーリンク

 

散骨業者の病的問題

『粉末にする作業』ということは、
『粉じんが舞う作業』ということです。

石工であれば、
全員が気を付けている恐ろしい病気、
『珪肺』のリスクがあるということですね。

※珪肺とは、長期間に渡り、細かい粒子上のほこりなどを吸い続けることによって、
肺を痛めてしまう病気。一度かかると完治出来ません。

また、物理的な珪肺のリスクだけではありません。

故人が服用していた薬物、
これも粉じんと一緒に吸い込んでしまうのではないか、
というリスクも問題提起されているそうです。

人体に悪いことこそあれど、
良いことがないのは明白ですよね。

それらによって、
散骨業者が病的リスクを、
抱えることになってしまうようになると、
国も本格的に法整備を進めるのかも知れません。

 

海洋散骨の価格

お話し頂いた、
具体的な海洋散骨業者は、
『ブルーオーシャンセレモニー』
という散骨業者です。

東京湾を中心に活動されている企業様です。
(しかし全国各地にネットワークを持っているのでどこでも、
散骨の対応は可能のようです)

海洋散骨の体験ツアーなども行っておられるようで、
コチラは今度推進委員会で参加してきます。
(日程は未定)

参加した時には実際の様子など、
記事としてアップしていきたいと思います。


海洋散骨体験クルーズに参加してきました!

そして気になるお値段ですが、
4つのプランに分かれています。

代行委託散骨

ご遺骨を預け、
立ち合いもせずに散骨を委託してしまうプランですね。

当然、お値段も一番安く、
【50000円(税別)】
です。

合同乗船散骨プラン

参加は2名までとし、
他のご遺族と同じ船にて出航するプランです。

【120000円(税別)】

チャーター散骨プラン

クルーザーを一艘チャーターし、
ご親族貸し切りでの散骨プランですね。

【220000円(税別)】となっております。

クルーザー一艘ですからね、
これくらいはかかってしまいますよね。
高いのか、安いのか、
その判断は難しいですが・・・

海洋家族葬プラン

船上にて、
お別れ会を執り行うことを追加したプランです。

【280000円(税別)】です。

お墓を建てることを考えれば、
全然安いですよね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

『海洋散骨がこれからの葬法の主流になる!』
とは思いませんが、
一定層の需要があることもまた事実です。

柔軟な姿勢で、
色々な知識を携えておきたいと思います。

-その他の情報!
-, , , ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.