横浜日野公園墓地の米陀石材店

日野公園墓地の米陀石材店がお墓に関することをまとめていきます

お墓の敷石/石張りは滑り止めやデザインに効果的?磨き加工は?

      2016/06/17

敷石 石張り 加工 滑り止め 磨き デザイン お墓
アナタのお墓は砂利敷きになっていますか?
それとも石張り?

古い墓地ほど砂利敷きかもしれませんね。

最近では石を張った方が、
雑草も生えなくメンテナンスもしやすいので、
石張りをされる方が増えています。

また石張りの表面に加工を施し、
デザイン性を高める手法もよく用いられています。

ということで、
お墓の敷石/石張りは滑り止めやデザインに効果的?磨き加工は?
をお送りします!

 

スポンサーリンク

 

石張りを選ぶ理由

最近では、
ほとんどの方が石張りを選ばれます。
個人的には砂利敷きも趣があって美しいと思うんですけどね。

それでもそれ以上にデメリットがあるからでしょうか。
いや、敷石のメリットと言い換えた方が健全でしょうか?

砂利敷きではなく、
敷石を張ると、
ほとんど雑草をシャットアウトすることが可能です。

出来上がりの景観も非常に美しいですしね!

それらの理由から石張りのデザインを選ばれる方が、
非常に増えています。

石張りの加工

敷石に加工を施すことが可能です。

基本的には磨き上げられた、
ツルツルの状態の敷石を用います。

この“磨き上げ”の敷石にはメリットとデメリットが、
それぞれ存在しており、
加工を施すと、
それらのデメリットを打ち消すことが可能になるという訳です。
(また新たなデメリットが生まれてしまうのですが・・・^^;)

 

スポンサーリンク

 

磨き加工のメリットとデメリット

磨き加工の敷石についてのメリットは、
とにかく『お手入れが簡単』ということです。

ツルツルに磨いてある表面には、
汚れが付着しづらいものです。

例え汚れが付着したとしても、
さーっと水拭きをかけてあげるだけで、
簡単に汚れが落ちてしまうんですね。

磨きのメリットは何といってもこの点に集約されます。

対して、磨き加工のデメリットとは?

えぇ、ツルツルに磨き上げてあるわけですから、
『水に濡れると非常に滑りやすくなってしまう』のです。

雨の日は特に注意です。

誰しも、
ツルツルなマンホールのフタや、
グレーチングなどで足を滑らせた経験があることでしょう。

アレらとまるっきり同じなのです。

雨が降っていなくとも、
お墓参りにはお水はつきものです。

お掃除の際には注意を払うようオススメします。

敷石に加工をした時のメリットとデメリット

敷石に加工をする際のメインの手法は、
“サンドブラスト”です。
(他にはバーナー仕上げなどもあります)

サンドブラストによって、
磨いてある表面をザラザラの状態に戻すわけですね。

ザラザラにすることにより、
接地面積を増やし、
摩擦係数を増やすことにつながるのです。

まぁ小難しいことを言いましたが、
上にも書いたマンホールのフタと、
ザラザラで丸い滑り止めがついたコンクリートの道路を、
それぞれ思い浮かべてもらえば一番わかるものかと思います。

また噴砂加工をほどこすことにより、
石に模様をデザインすることも可能です。

デザイン重視の加工

敷石 加工 サンドブラスト デザイン 模様

それによって見栄えを向上させることが出来ることも、
ブラスト加工のひとつのメリットと言えますね!

ですが、
そんなメリット尽くしと思えるサンドブラスト加工ですが、
もちろんデメリットも存在しています。

えぇ、『非常に汚れが付着し目立つ』んです。

最初の出来上がりの頃は美しくキレイに仕上がるわけですが、
踏んだり、落葉が落ちたり、湿気で苔むしたり・・・

様々な要因で石は汚れます。

汚れてしまった敷石

敷石 汚れ

そんな時でも、
磨き仕上げの場合でしたら、
水拭きでさっと落とすことが可能なのですが、
ブラストで仕上げてしまうとそう簡単には落ちません。

この点が加工した場合のデメリットとなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「ご年配がいるから心配」
「お手入れが簡単な方が絶対良い」

お施主様によって、様々な回答があると思います。

どちらの選択も一長一短がございますので、
それらを加味した上で選択していただければよろしいかと思います。

一番よくないのは、
石屋の言われるがままに、
お勧めされるがままに選択を行ってしまうことです。

自分の家のお墓です。
愛する方の為のお墓です。

自らでキッカリと選択をしていきましょう!

 - お墓の施工について , , , , , ,