SEO情報まとめ!

SEOに強いブログの書き方【4つ】のポイントまとめ!

更新日:

SEO ブログ 強い 書き方
アナタはSEOに強いブログの書き方って、
なんだと思いますか?

正しい書き方を覚えておくことで、
確実にブログのレベル・アクセス数を伸ばすことが可能です。

ということで、
SEOに強いブログの書き方【4つ】のポイントまとめ!
をお送りします。

SEOって難しいもの・・・
でもなかったり?

 

スポンサーリンク

 

キーワードの選定

これが全てと言っても過言ではありません。

例えば、当店は石材店ですから、
【お墓】というワードは非常に重要です。

では、【お墓】単一のワードで、
検索順位1位が取れるのか?
【お墓】について記事を10個かけば、
検索結果の1ページ目をすべて、
自分の記事で埋めることが出来るのか?

答えは勿論NOです。

【お墓】という単一のワードでは、
検索結果が100万件以上ありますし、
その中で1位の獲得、
いえ、1ページ目を獲得するのでさえ、
困難です。

もちろん、こういった、
【ビッグワード】を狙っていくことも悪くはありません。

しかし、それよりも、
もっと細かいワードを狙っていく方が効率的なんですね。

例えば、
【お墓】+【砂利】
お墓には砂利は付き物ですからね。

検索する時に、
合わせて検索することも多い訳です。

それを狙って書いた記事、

お墓の玉砂利は草止めに【効果ある!?】値段はいくら?

こちらの記事は現在、
「お墓 砂利」で検索順位3位です。

「草止め」というワードを追加してあげれば、
検索順位1位です。

このように、
【お墓】単一のビッグワードを狙うのではなく、
細かい関連用語を狙っていくSEO手法を、
【ロングテールSEO】と言います。

「お墓 横浜」
「お墓 解体」
「お墓 相場」

だとか、
様々な関連ワードにおいて、
各個に記事を作成することで、
結果アクセス数が集まり、
さらにブログのレベルを上げることになる、
という訳ですね。

ただ、これも、もちろん、
ワードは何でも良いという訳ではなくて、

「検索されるワード」
「ユーザーが知りたいであろうワード」

でなくては意味がありません。

例えば、
「お墓に自販機はあるのかな?」
こんな検索需要を狙って、
「お墓 自販機」
で記事を書いたとしても、
あまりにニッチ過ぎる検索需要ですから、
全然アクセスは集まらないことでしょう。

検索需要を調べる為には、
Googleさんが提供している、
キーワードプランナーを使用すると便利です。

 

スポンサーリンク

 

検索ユーザーの需要を満たしているか

キーワードの選定がすべて、
とは言いましたが、
結局のところ、
これが満たせていなければ、
その記事には何の価値もありません。

例えば、
検索ユーザーが、
「お墓の掃除について知りたい」とします。

そんな時に見つけた記事が、
いざクリックしてみると、
「お墓の掃除は面倒くさいですよね。さて、それはともかく最近のEUの騒ぎは・・・」
などと、
まるっきり関係のない話が展開されてしまったら、
それは最早、
ユーザーにとって【無価値】な記事と言えます。

即ページを閉じ、他のサイトを探すことになるでしょう。

Googleは価値のある情報を、
検索ユーザーに届けることが使命です。

価値のない、価値の薄いサイトは、
検索順位もそれ相応の位置に落とされてしまう、
ということですね。

まぁ、
『ブログ』=『日記』
という意味もありますから、
「自分の書きたいことだけ書く!」
というのも一つの方法です。

ただ、
検索ユーザーは、
アナタの余程のファンでもない限り、
アナタが食べた夕飯のことなどどうでもよいし、
アナタが友達と飲んだ、遊んだことなども、
どうでもよいのです。

 

タイトル/テーマの選定

ワードの選定ありきな部分なのですが、
例えば、
「お墓の工事⑧」
こーんなタイトル。

ありがちですよね。

ザックリ、アバウトに、
それでいてシリーズなの?と思わせる数字。

これでは一体どういった記事なのか分かりませんし、
Googleからも、
【お墓 工事】
といったビッグワードでインデックスされる訳で、
競合ひしめくワードにて検索上位に表示されるのは難しいと思います。

もし、「お墓」と「工事」を使いたいのであれば、
加えて「耐震」だとか、
「基礎」だとか、
もっと具体性のあるキーワードを挿入すべきです。

そしてキーワードとして選定したワードは、
タイトル内に絶対に入れるべきです。

検索される時に、
キーワードがタイトルに入っている/入っていない、
では雲泥の差が生まれるのです。

 

独自ドメインと無料ドメインの違い

無料ブログサービス、
インターネット上にはいっぱいあります。

しかし、
これらのブログサービスはお世辞でも、
SEO的に強いとは言えません。

もしアナタが、
インターネット上にアナタだけのオリジナルコンテンツとして、
ブログやサイトを展開していきたいと思う場合、
絶対的に独自ドメインを取得すべきです。

『ドメインによるSEOの優劣はない』
などという見解も存在してはいますが、
無料ブログサービスですと、
そもそものシステム面に融通が利かない場合も多いですし、
アクセス解析システムなどはザルもいいところです。

「ちょっと日記をつけたいんだ」
程度の方でしたら無料ブログサービスを。

「ガチでサイト運営/ブログ運営をしたい!」
という方は、
必ず独自ドメインで運営を行っていきましょう。

ドメイン取得はコチラが便利です。



 

スポンサーリンク

 

まとめ

詰めれば、
まだまだ言えることはありますが、
最低限今回のことを意識して、
記事やコンテンツを作成していけば、
結果はアクセス数として必ず現れてくるハズです。

アクセス数に限界を感じている方は、
これらのことを踏まえて、
自分のブログ/サイトを確認してみると良いでしょうね。

-SEO情報まとめ!
-, , ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.