お墓の施工について

墓地の土間コンクリート工事『厚みや鉄筋は必要?』

投稿日:

土間コンクリート 工事 厚み 鉄筋 墓地
主に草止めの為に施工する、
土間コンクリート工事。

今回はそんな土間コンの工事について、
考えてみたいと思います。

ということで、
墓地の土間コンクリート工事『厚みや鉄筋は必要?』
をお送りします。

なぜかと言うと、
外部の石屋さん?基礎屋さん?
が工事をしているのが見えたんですよね。

その施工方法を見て、
ちょーーっと、疑問に思ってしまいましたので、
考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

お墓の土間コン工事の目的

墓地内の土間にコンクリートを施工する工事ですが、
その主たる目的は、

【墓地内に草が生えるのを止めること】

です。

それ以上でもそれ以下でもありません。

基礎工事などと同じく、
コンクリートを施工する訳ですが、
強度は必要としていない訳です。

重量物が上に乗る訳ではありませんからね。

それに強度の話で言えば、
コンクリートではなく、
モルタルでも構わないとさえ思います。

※コンクリートは粗骨材(=砂利)を加えたモルタル。モルタルより強い。
※モルタルはセメントとコンクリートを合わせた物。据付時などに使われる。

墓地内の草を止める目的であるなら、
しっかりと隙間なく打設さえしてあれば、
強度は必要ないのです。

 

コンクリートの厚み

コンクリートの厚みだって、
せいぜい10cmもあれば良いんじゃないでしょうか。
(3寸~4寸といった所ですね。)

繰り返しになりますが、
強度は必要ありませんから。

まぁ余りに薄いと、
割れてしまうリスクがあるので、
多少の厚みは必要ですが、
人が歩く程度に耐えられれば良いのです。

 

スポンサーリンク

 

土間に鉄筋コンクリート?

なんでここまで、
くどく説明するかと言いますと(笑)

今回の業者さんが行っていたのが、
遠目からですが、
5寸以上(15cm以上)掘り込んだ上に、

【鉄筋!】・・・とまでは言いませんが、
ワイヤーメッシュを入れていたんですね。

※ワイヤーメッシュとは、鉄筋よりも口径の小さい、
簡易的な鉄筋のこと。

えぇ~~?
そんな分厚く打った上に、
メッシュまで施工するの?
土間打ちでしょう?

確かに『絶対割れない!』でしょうけど、
必要ない施工に見えて仕方がありません。

それに冒頭で、
石屋だか基礎屋だか分からない、
と書いた理由は、
大仰に骨材の砂利をトラックいっぱいに積んでいたからです(笑)

「あー、また外部の業者が公募区画の基礎やってんのかなー」

って思ったんですよ。

でっかいコンクリートミキサーも積んでありましたからね。

まさか土間コン打ちで、
そんな量の打設をするとは思いませんでしたのでw

墓地区画は遠目に見ただけですが、
広いと言えば広いですが、
そこまで大きい区画ではありませんでしたしね。
(6㎡~8㎡くらい?)

 

大仰に施工する理由

なぜ、
そんなに大袈裟に施工をするのかと言えば、
えぇもちろん。

【施主様にいっぱいお金を使ってもらう為】

ですよねw

付加価値、付加価値で、
余計な仕事をして請求金額を上げる、
ということです。

うーむ。

「絶対に割れませんから、深く掘ってメッシュを入れましょう!」

うーむ。

私は必要ないと思いますけどねぇ。

そうする位なら、
要らん施工を省いて安くしてあげたいですけどね~。

うーん、
ホントに価値のある付加価値ならいいんですけどねぇ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

あの施工で㎡いくらもらうのかが気になる所ですが、
ちょっと要らない金額だと私は思いますねぇ。

施工のお見積り相場が分からないことをいいことに、
ふんだくっているようにしか見えませんね。

-お墓の施工について
-, , , ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.