横浜日野公園墓地の米陀石材店

日野公園墓地の米陀石材店がお墓に関することをまとめていきます

カロート(納骨室)は地下にあるもの?地上部にある“丘カロート”が主流です

   

カロート 納骨室 地上 地下 丘カロート

お墓の一部分であり、
お骨を納める『納骨室』のことです。

様々な形態があるカロート。
このカロートについて考えていきたいと思います。

ということで、
カロート(納骨室)は地下にあるもの?地上部にある“丘カロート”が主流です
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

古い墓地にはカロートが存在しない

地上カロートだ、
地下カロートだ、
そんな話の前にですが、
古い昔の墓石にはカロートは存在しません。

え?じゃお骨は・・・?

はい、古いお墓は土葬ですよね。

土葬の場合、
収めた上に墓石を据えていく訳です。

カロートという概念自体がなかったという訳ですね。

 

火葬が主流になった後から地下カロート式が登場

何故最初に地下カロート式が流行ったかと言えば、
『土葬タイプのお墓と景観が変わらないから』でしょうね。

お墓の下部分に、
納骨室となるスペースを掘り込み、
カロートを設置します。

一段や二段式がほとんどですが、
時折、
人ひとりが簡単に入れてしまう巨大なカロートや、
すべてが基礎コンクリートと一体化しているカロートなど、
様々な種類が存在しています。

 

カロートに使う石材

現在、
新規に建てられる墓地のほとんどは、
『御影石』製です。

【御影石】が最も【お墓】に使われる石の理由とは?

古いお墓ですと、
大谷石・白河石・コンクリートなど、
多岐に渡りますね。

やはり強度的にも見栄え的にも、
御影石で造られる方がオススメですね。

 

地下式カロートについて

地下カロートは、
景観的に【昔ながらの墓地】というメリットがあることは書きました。

あまり背が高くなり過ぎませんので、
威圧感なく、
安心できる高さになります。

ですが、
反面カロート内がどうしても、
ジメジメと湿気が強くなってしまい、
場所が悪いと水が溜まってしまう可能性も残ります。

カロートの高さが地面より低いと、
周りから水が染み込んできて溜まってしまうんですよね。
結露も防ぐことは出来ませんね。

 

スポンサーリンク

 

地上カロート(丘カロート)式について

地下カロートに対して、
地上部にカロートを設ける、
【丘カロート式】のお墓があります。

こちらは何が優れているかと言えば、
【省スペース】であり、
【水はけが抜群】ということですね。

地下カロート式にしようとするとどうしても、
区画の広さが必要になってきます。

2㎡墓地などで作ることも可能は可能なのですが、
大分背が低くなってしまいますし、
あまり格好が良いとは言いにくいです。

反面、
丘カロート式であれば、
1.0㎡以下の墓地であろうと、
立派に格好良く作ることが可能です。

そして何よりですが、
『水が溜まらない!』
これが一番かなぁ、と思いますね。

どんなに水はけが悪い場所であろうと、
地上部より上に水が溜まって、
プール化してしまうことなんてありえませんからね。
(地下式だと本当によくあるんです)

反面、デメリットとしては、
どうしても『背が高くなること』でしょうか。

しゃがまずにお参り出来る点は優れていますが、
あまり背の高いデザインにしてしまうと、
威圧感から嫌がられるお客様もいらっしゃいますね。

 

カロートの水抜き穴と空気穴

カロートの内部底面には、
水抜き穴(息抜き穴)を用意してあります。

これは何のためかと言えば、
コンクリ基礎面で全面打ってしまうと、
水が抜けられないので、
一部逃げ道を用意しておくということですね。

空気穴は、
主に丘カロート式の背面につけるのですが・・・

コチラについては、
付けた方が良いのか、
付けない方が良いのか、
私的にはドチラが良いのか迷っている状態ですね。

何故ならば、
空気穴を付けることによって、

内気の循環を見込めるが、
反対に外気からの湿気も持ち込んでしまうこと
いくら網目が細かいモノを使っていても虫などの小動物が入りやすくなってしまうのではということ

この二点ですよね。

確かに循環出来るのですが、
しかし小さい穴ひとつでそこまで変わるかなぁ?という気もしますし。

現状、ドチラでも構わないんじゃないかな、と思っています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

現在、
新規建墓される方や、
リフォームをお考えの方には、
基本的には丘カロート式をお勧めしています。

「地下カロートがどうしてもいい!」

ということであれば、
施工も致しますが、
あまりオススメはしませんね。

 - お墓の施工方法・技術について , , ,