スポンサーリンク




その他の情報

相見積もりの断り方とは『マナーとルール』を守って行いましょう

更新日:

相見積もり 断り方 ルール マナー
相見積もり、見積りを取ってから契約するサービスや商品では、非常に有効な手段ですよね。

  • 全然値段の相場が分からない時
  • 少しでも安くしたい時
  • サービス内容を比較したい時

様々な面から、相見積もりをすることは有効です。

 

ですが、相見積もりをするということは、最終的に選ばない会社が出てくるということ。

その時の対応ってどうすべきなのか?

考えたことはありますか?

ということで、
相見積もりの断り方とは『マナーとルール』を守って行いましょう
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

相見積もりを行う時

冒頭でも書きましたが、

  • 全然価格の相場が分からない時
  • 少しでも安く抑えたい時
  • サービス内容を比べる時

これらの時に、非常に有効です。

 

特にお墓や住宅など、購買頻度が極端に少ない物は、値段相場が分かりにくい物です。

  • ぱっと入った
  • ぱっと調べた
  • 大手だから

そんな軽い理由から、初見のお店一件で決めてしまうと、値段もサービスも一番良いモノなのか分かりませんよね。

 

ただし、5社も10社も取るような過度の相見積もりは、かえって悪影響です。

どれがどれやら訳が分からなくなりますし、対応や検討にも時間がかかり過ぎてしまいます。

多くても3社程度に抑えると良いでしょう。

 

相見積もりをするということ

“どこかを選ぶ”という行為は、“どこかを蹴る”という意味と同義です。

蹴られた企業側は、プレゼン力が足りなかったのか、見積りが足らなかったのか、何かの理由がある訳です。

 

しかし、蹴られた方は、当然ながらあまり良い気分ではありません。

ですから他社を選ぶ際には、『ちゃんとお断りを入れた方がマナーとしては良い』でしょう。

 

“連絡途絶でシカト”という方法もありますけどね・・・・

ビジネスと言えど、相手は機械ではなく人間なのですから、それ相応のルールとモラルは守った方が良いのではないかな、と思います。

 

いや、ホントよくあるんですよ。

  • ちょっと今忙しい
  • 検討します
  • 連絡すら取れない

これらの状態から他社のお墓が建っていることがww

 

他社に負けたことは、努力が足りない部分や、その他理由などがある訳ですから仕方ないことです。

しかし逆の立場に立ってみたら、連絡途絶でのお断り行為は、ちょっと、品の良い行いとは言えませんよね。

 

スポンサーリンク

 

見積もり【無料】の仕組み

基本的には『見積もり無料』な企業がほとんどですが、見積りを作成するのだって、実質的には有料なんです。

 

お墓で例えますが、

  1. 現地調査
  2. 図面設計
  3. 見積もり計算
  4. 書類郵送

これらの時間と手間と物理的経費がかかっている訳です。

“人を動かす”ということは、“お金がかかる”ということなのです。

 

相見積もりの断り方

これは何でもいいと思うんです。

あまり長々と回答する必要はありません。

 

単純に、

  • 残念ながらご縁がありませんでした
  • 他社様に決めさせて頂きました

こんな感じで構いません。

連絡手段だってメールでも電話でも構わないと思います。

 

『連絡なしで他社に決める』ということが、マナー違反なだけですね。

 

報連相は大人のマナー

蛇足ですが、この世の中、以外にもマナーの整った方って少ないのかも知れません。

子供ではないのですから、報連相くらいはちゃんとしたいものですが・・・

 

私の住んでいる自治会で、常任理事という、ちょっと面倒くさい役員をやっているのですが・・・

 

「夏祭りのお手伝い立候補回覧」を各理事に回したんですよ。

「回覧が終わったら米陀まで提出ください」というメモ書きを添えて。

 

ですが、期日までに返って来たのは【半分程度】

私は私でこれを上部役員に提出する必要がありましたので、返ってきていない各理事に電話連絡です。

「立候補者がいないから、出さなくてもいいかと思った」

皆コレw

 

いやいやいや、立候補者ゼロならゼロで報告や連絡は必要でしょう?

社会人としてのマナーやモラルを、ちょっと疑ってしまいました。

話が逸れましたが、相見積もりと同じく、これもまたマナー違反に他ならないですよね。

 

あなたはちゃんとしていますか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

確かに、相手を断ることというのは、ちょっと心が痛み、パワーのいることではあります。

しかし社会人として、大人として、顧客と企業という形だけではなく、“人”と“人”として。

お断りや相見積もりの連絡はすることは、ルールでありマナーであると私は考えます。

 

他社さんに負けないように頑張ろうっと!

関連

関連記事&スポンサーリンク



-その他の情報
-, , ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.