横浜日野公園墓地の米陀石材店

日野公園墓地の米陀石材店がお墓に関することをまとめていきます

ブログ集客方法まとめ!!『上位表示(SEO)と売上アップ』の道は険しい!!

   

ブログ 集客 方法

いや~、
ホント、お門違いも甚だしい営業電話。

ホント世の中には、
情弱を食い物にしようとする、
悪しき企業が跋扈しています。

情報の“値段と価値”とは?無料の有益情報を本当に信じても良いの?『情弱が損をする時代』

今回の事例も正にソレでした。

「ブログで集客を行います!」

という話でしたので、
私としても大好きな話題ですから、
ちょっと話を聞いてみたわけです。
(イジメようと思った訳じゃ・・・ナイですよ?(笑))

ということで、
ブログ集客方法まとめ!!『上位表示(SEO)と売上アップ』の道は険しい!!
をお送りします♪

今回のダメSEOサービスを反面教師として、
正しいブログ集客方法ということをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ブログ代筆サービスの営業電話

今回あった営業電話は、
『ブログ代筆サービス』

へ~~。
面白い。
興味津々~。

と、
思いつつも、
最初の言葉、
「御社のHPを見てお電話しています!」
に矛盾をw

コイツ、絶対にちゃんと見ていない(確信)。

だって、
この当ブログは、
HPのサイドバーにデカデカとバナー表示していますからね。

これは、
SEOに限った話ではないのですが、
これから営業をかけよう、
これからコンサルタントをしよう、
これから売上アップに協力しよう、
こういったサービスを提供しようとする場合、
まずは相手の状況を調べることが第一義でしょう。

相手の状況を調べずに営業をかけるということは、
『自社の利益しか考えていない証拠』ということです。

  • なんとか成約させよう。
  • どうせ、こう考えているハズだ。
  • 石屋なんかみんな情弱だろ?

どれだけ美辞麗句を重ねても、
相手のことを考えていない、
サービス/商品という営業では、
モノは売れません。

営業の質としては最低と言えます。

今回の例で言えば、
もっとホームページ内を下調べするとか、
『米陀石材店』で検索するとか、
『米陀石材店 ブログ』で検索するとか、
種々方法はあったハズです。

 

よくある【地域+企業】のSEOサービスについて

サービスの説明は続きます。

「御社の日野公園でも調べているのですが~」
「他の企業様も多数いらっしゃってキビシイですよね」
→嘘つけw
検索見てたら上位表示されているの分かるだろうw

今当店のHPが「日野公園墓地」で位置しているのは、
『第三位』です。
(『横浜市営日野公園墓地』でも三位。上にいるのは横浜市のページ)

複合ワードであれば、
さらにもっと順位は上です。

【日野公園墓地 石材店】では、
『第一位』とブログも『第七位』

【日野公園墓地 募集】では、
『第二位』とブログで『第九位』

【日野公園墓地 値段】では、
『第二位』『第三位』をHPで、
『第八位』をブログで占めています。

※検索環境と検索時期で検索結果は異なります。
(検索結果にはアカウントの履歴などが考慮されますし、時期が異なれば、多少の順位変動があります。はたまたIPによる位置情報によって、近隣の企業が表示されやすいという機能も備わっています。)

ということで、
地域を絞ったSEO対策というものは、
正しくウェブサイトを構築すれば、
そこまでムズカシイことではないのです。

 

インバウンドマーケティング思考

昨今、
スマホ普及に伴ってか、
インターネット人口は年代問わずで、
右肩上がりになっています。

広告媒体に何を使っていますか?【インターネット集客】を徹底解析!!

そんな競合過多の状況で、
頭一つ抜ける為にはどうしたら良いのか?

ここで重要な思考が、
【インバウンドマーケティング】です。

横文字のビジネスワードってイヤですよねw
私も嫌いですw

説明していきます。

今までの企業の広報や広告活動、営業活動は、
自社のサービス/商品を、
【これは良いものですよー】
【お得ですよー】
といった具合に、
宣伝/アピールすることが常でした。

しかし、
最近のネット環境の普及に伴い、
それだけの広告では、
消費者心理を動かすまでに至らなくなってきているんですね。

なにか買い物をするときには、
まずは【検索を】という方は多いんじゃないでしょうか。

そんな時に、
ユーザー目線で有益な情報を提供しているサイトがあったら?
しかもそのサイトでは販売も行っている。

こうなったら、
そこのサイト/企業で購入する思考になってきますよね。

例:「日野公園墓地のお墓っていくらかかるのかな?」
例:「日野公園墓地って車でいつでも入ることできるのかな?」

ウェブサイトを構築する上で、
検索需要を検討していくことは非常に重要なことです。

こういったユーザー目線の自然検索で、
見込み客を抱え込むという手法が、
インバウンドマーケティングという訳です。
(インバウンドマーケティングの考え方はウェブだけではありませんが)

このインバウンドマーケティングという手法が、
非常にマッチするコンテンツがブログなんですね。

そして昨今のSEO業界的にも、
インバウンドマーケティングは非常にマッチしているんです。

【HP業者のSEO営業】よくあるブログ型を薦めるのはいいけれど・・・

 

検索需要とワード選定

前項で解説したように、
ウェブサイトを制作していく上で、
『ユーザーの検索需要』と、
実際に上位表示を狙っていく、
『キーワード選定』ということは、
実際に記事を書くことよりも大事なことと言えます。

SEOに強いブログの書き方【4つ】のポイントまとめ!

この辺をおろそかにして、
素人考えの、
勝手なワードでブログを書き始めてしまうと、

「記事を書いても書いてもアクセス数が上がらない・・・」

という状況に陥ってしまう訳ですね。
(日記記事なんかは愚の骨頂)

今回のSEO業者は、
「御社HPを分析する担当が居ますので!加えてヒアリングを行って・・・」
と言っていました。

分析担当ねぇ。

非常に気になったので、
聴いてみました。

米「分析とワード選定ってどうやるの?」
営「えぇ分析担当が~」
米「いえいえ、ではなくて、具体的にはどうやるの?」
営「え、えぇGoogleアナリティクスなどで・・・」
米「ホントに?本当にアナリティクスで?」
営「は・はい・・・」
米「アナリティクスはアクセス解析サービスですからねぇ」
米「うーん、ワード選定する時には、サーチコンソールの方が良いんじゃないかなぁ~??」
営「は?今、なんと・・・?」
米「あ、サーチコンソール、Googleサーチコンソール、ご存知ない?」
営「は、はぁすみません・・・」
米「まぁでも、ワード選定ならキーワードプランナーの方が一番ですけどね」
営「はい」
米「ん、ホントに分かってる?ん?」
営「は、はい・・・」

んー、
アナリティクス知っているんだったら、
サーチコンソールも知っていて然るべきかと思うんだけどなぁ。
営業さんにそこまで求めるのは酷なのかなぁ。

それぞれの特徴はコチラを。

アクセス解析ツール【Googleサーチコンソール】/【アナリティクス】【ジェットパック】それぞれの特徴まとめ!ブログSEOに活用する為に!

 

スポンサーリンク

 

ブログ代筆サービスの気になるお値段

えぇ、一番大事なのは、
その価格ですよねー。

平たく言えば、
『広告販促費』です。

各企業に予算組みってものがありますよね。

一体いくらでサービスを展開するのでしょうか。

はい、その驚愕のお値段は・・・!!

まさか!!

そんな!!!



  • 2日に1回の記事更新で38000円
  • 3日に1回の記事更新で19000円

聴いた瞬間、

「たっか!!!!たっっっっっか!!!!!!」

アホかとw
たった2日に1回のペースで40000円近くも。
月換算すると、
たったの『15記事』

バカなの?本当にSEOについて知っているの?

ロングテールSEOで、
“質の高い記事”を量産した上で、
実際に効果が出てくる(=ドメインパワーの向上)が、
成されてくる記事数というのは、
一般的に『100記事』以上とされています。

15記事だと?
7か月もかかる訳?wwww

それまで、
日割りPV数0~30程度で、
38000円程度も払わなければいけない訳?

そんなん集客につながる訳ないじゃないですか。

それにですよー。
今では【クラウドソーシング】という便利なサービスがあるんですよー。
ブログ代筆に限らずですが、
見ず知らずの他人に、
作業を委託することが可能なんです。

しかもその金額は、
一記事、数十円~数百円レベル。

今回の例に換算してみると、
ひと月15記事を、
例えば500円で依頼した場合、
ナント【7500円】
(クラウドソーシングの中で500円はかなり高額=質の高い記事が見込める)

まぁ私が構築しているブログでは、
まだ使ったことはありませんが、
ほぼ同じブログ代筆サービスとしての、
単価で【5倍以上】というのは、
ちょっとボッタクリが過ぎるのでは?

それに例え『100記事』を達成したからといって、
それはそれで道半ばなわけで、
十分なロングテールSEO、
コンテンツSEOを備えたブログとは言い難いです。

また、非常に大事な、大事~~なことですが、
ブログには“質の良い情報量”が必要です。

この企業が訴えるサービスにおいては、

なんと!!

まさか!!!!

うそでしょ!?!?



ブログの情報量は【500文字】

ぶっ。

SEO=情報量、とは一概には言いません。
(よっぽど大事なサイトでよっぽど重要な情報があれば。)
(例えば首相官邸が発する首相動向とか)

ですが、
一般的なSEOの話では、
情報量はあればあるだけ良いとされています。

もちろん、
質が良ければ、
1000文字以下でも十分に上位表示は可能です。

しかし、
Googleに好まれやすいのは、
【情報量が豊富なオリジナルコンテンツで溢れているサイト】
なんですよね。

逆に、
低品質な記事を量産していると、
Googleから嫌われ、
検索順位をすっとばされてしまうリスクさえ負いかねません。

SEO対策情報まとめ!量産ブログはやっちゃダメ!【低品質記事】は“超タブー!?”

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ということで長くなりましたが、
ブログで集客し、
売上に繋げる方法を多角的に解説してみました。

これを読んでいる皆様は、
くれぐれも、
このような、
【ボッタクリSEOサービス】
にひっかからないようにしてくださいね。

なんでしたら、
私の方でSEOコンサルタントを行うことも可能ですよw

その方が、
ブン高くて質の低いSEO業者に頼むより、
ナンボもましってことです。

 - SEO情報まとめ! , ,