石材について

G-663とは?中国産ピンク(桜)御影石について

投稿日:

G-663 ピンク 中国産御影石

今回は、
中国産御影石の、
G-663についてご紹介したいと思います。

中国産の御影石は、
数字表記が多くて混同しちゃいますね^^;

G-663という石は、
ピンク色の石になります。

ということで、
G-663とは?中国産ピンク(桜)御影石について
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

石材店による別称

はい、決まりも決まって、
石材店や石問屋が正式名称とは、
異なる名称をつけている場合がございます。

それの理由については、
コチラの記事で書いています。

石種G623とは?中国産白御影石の【特徴と価格】

 

G-663の別名としては、

  • 桜御影
  • 桃山
  • ローズピンク

などなど。

中国産と銘打って、
ピンク色の石であれば、
十中八九がG-663です。
(なんかもっと暗めの石種もありましたがド忘れしましたw)
(あんまりキレイじゃないし)

 

G-663の特徴

G-663の硬さや吸水率は、
概ねG623と変わりません。

G-623についてはコチラ。

 

要は可もなく不可もなく、
といったところでしょうか。

しかし、
白系統のG623やG614とは異なり、
【汚れには強い】です。

・・・・というか目立ちにくいだけなんですけどねw
(普通に汚れはしますw)

ベースがピンクですから、
黄色っぽいシミなんかは、
ついても全然分からないです。

黒ずみやコケなども、
白御影より目立たないでしょう。

 

石としての性能はそれとして、
最大の特徴は、
その色の鮮やかさと美しさです。

明るいピンク色は、
柔らかく優しいイメージですね。

「墓にピンクかよ!」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
驚くなかれ、
洋型墓に限らず、
【和型墓にも合う】んですよ。

最近建てられた方の画像がコチラ。

G-663 和型墓石

ね?美しく優しいでしょう?

まぁそれもそのハズ。
ピンク御影石は、
伝統ある国産石でも存在していますからね。

663よりも、
色が濃い感じですが、
万成石(まんなりいし)と言います。
こちらが元祖【桜御影】なんです。

古くから使われている石ですので、
和型墓にも多く見られる石ですね。

かの石原裕次郎や、
吉田茂などの墓石も、
この万成石で建墓されています。

しかし、
お値段はブン高いので、
今使いたい!という方はお財布に余裕のある方でないと、
かなり厳しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

G-663の価格は?

先の万成石とは異なり、
G-663はかなり【安価】です。

その安さは、
G-623に次ぐお値段。

「墓石もスタンダートの物じゃな~。」
「一つくらいグレード上げたい」

そんな時には、
G-663はお手頃な石種と言えますね。

 

G-663の欠点

ただし、
G-663にも欠点が存在します。

汚れは目立ちにくいのですが・・・
中国で色むらを潰している可能性があるんですよね。

白玉(シロダマ)とか黒玉(クロダマ)などと言いますが、
色が極端によってしまっている部分があるのです。

天然の鉱石ですからね、
致し方ない部分なのですが、
それはそれとして。

中国加工の段階で、
その色を塗ってしまう場合があるのですよね。

結果、建墓時はピカピカに綺麗なピンクだったのが、

「あれ?こんなところに白玉出てたっけ?」

みたいな事態になりかねません。

こればっかりは、
出るか出ないかは、
天然の物ですから、
必ずしも出るとは言えませんし、
必ずしも出ないとも言えないんですねぇ。

そういった余計なことはしないように、
極力は指示してはいるんですけどね^^;

もし663でご検討の際には、
そういったリスクも踏まえた方が良いですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

G-663についてまとめてきました。

特に洋型墓などには人気の石種ですし、
外柵や丘カロート合わせての総造りでも、
お見積り額を低めに抑えることが出来るので、
結構人気な石種です。

建墓の際にはご検討ください。

-石材について
-, ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.