横浜日野公園墓地の米陀石材店

日野公園墓地の米陀石材店がお墓に関することをまとめていきます

送骨での永代供養『お骨はゆうパックで送る時代に』

   

送骨 永代供養 ゆうパック

いや~、世も末ですねぇ。。。。
『送骨(そうこつ)』なる供養法が普及してきているということです。

送る骨・・・・

賛否両論は置いておいて、
一体どういった供養法なのでしょうか。
相場と共に見ていきましょう。

ということで、
送骨での永代供養『お骨はゆうパックで送る時代に』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

『送骨』とは?

送骨とは、書いて字の如く『骨を送ること』です。

ご遺骨をゆうパックにて送り、送った先の寺院で供養してもらう方法です。

送ったお骨は、そのまま永代供養墓へと散骨してしまうことが多いらしく、
非常に安価に供養できることが魅力のようです。

送骨の背景にあるもの

確かにここ数年では処分に困った“お骨の置き去り”による、
お骨の拾得件数が増加傾向にあるとのこと。
(電車の網棚に“わざと”忘れていくケースが増えているようです)

こういう極端な例だけではなく、
単純に資金的な余裕がなくて、お墓を建てることが出来ない、その他供養することが出来ない、
として自宅保管をされていらっしゃる方も多く存在します。

身近な所で考えても、横浜市営墓地の応募条件に『火埋葬許可証の必要』があるのはこの為です。
※『火埋葬許可証がある』=『自宅保管で困っている』

そんな一見厳しめに思える応募条件ですが、それでも倍率は4倍程度になってしまっています。
それだけ多くの方がご遺骨の供養について悩まれている、ということになりますね。

日野公園墓地の倍率結果

如何に安いとされている公営墓地であっても、
【永代使用料30万円~50万円】+【建墓代金50万円~】=【最低でも100万円弱の費用】
これだけの予算が必要になってしまいます。

そう考えると、送骨で簡単に供養を済ませてしまえるのは魅力的なのかもしれません。

送骨の費用とは

どうやら現在、送骨を行っている寺院は全国各地に多数存在するようですが、
合祀墓としての相場は【3万円~10万円程度】となっているようですね。

全国での対応可能寺院がよく分かる記事はコチラ。
遺骨をゆうパックでお寺に配達!?「送骨」と全国の送骨可能寺院一覧

うーん、確かに安い。

全ての寺院のサービスを確認した訳ではありませんが、
供養墓内にていきなり散骨をしてしまうことから可能になる料金設定です。

骨壺のまま埋葬してしまうとスペースが必要で、
すぐにいっぱいになってしまいますからね。

反対に散骨してしまえば、場所は取らないし、
風化のスピードも速まります。

半永久的に納骨が対応可能になる訳です。

 

スポンサーリンク

 

お骨をゆうパックで・・・?

うーん。。。
うーーーん。。。。

どうなんでしょうね。
実は私も今までに、ゆうパックを使って大量にお骨を送っています。

ただし、施主様のご自宅に向けてです。
主に墓じまいによる改葬の折にですね。

あくまで自宅での一時保管の為に送骨・・・と言っても良いのかな?
ゆうパックを使ってお骨を送付しています。

私も初めてのご依頼時には郵便局に確認しました。
遺骨を送っちゃってもいいものなのか・・・
非常に疑問点でしたからね。

電話窓口のお姉さんもしばし硬直し、確認しますと(笑)

しかしちょっと待った後の答えはイエス。
問題はないということ。
これがもう5~6年前の話でしょうか。

今は大分普及してきた、ということになるのかもしれません。

ちなみにお骨を送るのはゆうパック限定の用です。

ところで、ニュースになるときにも「ゆうパックで遺骨を配達」という一文をよく見るように、葬送ではゆうパックが利用されています。クロネコヤマトなど他の宅配便は利用されないのでしょうか?

実は遺骨を配達してくれる配達業者はそう多くなく、ヤマト運輸や佐川急便などは「紛失時の責任が取れない」として遺骨の配達を拒否しています。そんな中、日本郵便のゆうパックは「運送に適した状態であれば拒絶はしない」としているので、送骨にはゆうパックが利用されているのです。

引用元:http://memories-in-time.net/soukotsu/

>紛失時の責任が取れない
うーん、まさにそうだと思うのですが、
日本郵便はあえてそのリスクを取っていくスタイル、ということですかね。

紛失時の損害賠償としてお金を渡して「ハイ、終わり!」とするのは、
ちょっと道義的に無理があるお話のようにも思えますけれど・・・・

送骨に対する見解

今までは『高利多売で深く濃密に』だった寺院と檀家のお付き合い。

これが昨今の宗教離れ/寺離れ、そして不景気に格差問題、
様々な要因が絡み合い『薄利多売で広く浅く行う商売』に変遷したと言えるのかもしれません。

確かに送骨サービスによって救われる方というのもいらっしゃるのでしょうけれど、
安易にこの選択をしてしまって良い物か、どうにも引っ掛かる気がするのは私だけ?

お寺も生き抜くのに必死である、と言う事なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

まったく、葬送の自由化/多様化は留まることを知りませんね。

お墓が全てとは言いませんが、
その全てを許容するのも、どうかと思いますね。

今後とも続々と、おったまげるような供養法が登場してくるのかもしれません(笑)

 - 時事ネタまとめ! , ,