時事ネタまとめ!

消費税転嫁拒否アンケートが何度も来る・・・『未提出時の罰則と血税の無駄について』

投稿日:

中小企業庁 消費税転嫁拒否アンケート 無駄 罰則

企業を経営していると日々様々な封書が届きます。
その中には【非常に無駄】なモノも多く・・・

そう、中小企業庁における消費税転嫁拒否アンケートがそうですね。
この『消費税転嫁拒否アンケート』とはどういうものなのでしょうか。

ということで、
消費税転嫁拒否アンケートが何度も来る・・・『未提出時の罰則と血税の無駄について』
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

消費税転嫁拒否アンケートってナニ?

そもそも消費税転嫁拒否とは、その名前の通り消費税についてのお話です。
『法人間での商取引の際に、消費税アップ分の商品価格を拒否されていないか』ということを指します。

要は今まで105円で仕入れていたものが、消費税8%に値上がりした時に108円となったが、
「その差額3円分は払わない、消費税分安くしないと他で買うぞ!!」と拒否する企業をチェックし対策する為のものですね。

消費税8%が導入された、平成26年から行われているこの調査は、今年(29年)でもう4年目です。
確かにパッと見、企業経営上大切なもののように思えますが・・・・

消費税転嫁拒否アンケートの無駄

確かに、法人間取引を行う法人であれば『国が調査している信頼のおけるデータ』として活用できるでしょう。
しかし、そのやり方に問題があるのです。

そのやり方とは・・・・
【法人すべてに見境なくアンケートを送付すること】

「え・・法人に対する調査なのだから当たり前なのでは?」

いいえ、このアンケート、法人間の取引がない法人の場合は、調査の条件に合わない為に返信する必要がなく、【そのまま破棄されてしまう】のです。

だって石材店を考えてください。

『石を仕入れてお客様に販売する。』

石を仕入れる、という部分は法人間取引ですが、小売店である石材店は石を購入する立場です。
「消費税転嫁を拒否された!」という立場ではなく、「消費税転嫁を拒否する!」立場ですね。

これは石屋に限った話ではありません。
小売店が売るのは消費者に対してです。
このアンケートは法人間取引だけの話ですので、条件を満たさないのです。
ということで、この封書が届いた瞬間、そのまま破棄される運命なのです。

コレってメチャクチャ無駄だと思いませんか?

  • A4封筒(一部フィルムで中が見える封筒)
  • 回答用紙
  • 説明書きの用紙2枚~3枚
  • 返信用封筒
  • 印刷の手間
  • 郵送の手間
  • etc

封筒だって普通の封筒より少し良い物を使っていますし、全ての用紙が白黒ではありません。カラー用紙も使っています。返信用封筒だって切手不要だったハズ。

コレ、届いた瞬間ゴミです。
いや、1つの企業に届ける分くらいなら、いくらもかからないでしょうけれど。

中小企業庁は、公正取引委員会と合同で、中小企業・小規模事業者全体に対して広く消費税の転嫁拒否等に関する書面調査を実施してまいります。

引用元:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/shouhizeichousa.htm

オイオイオイ、全体か!
この内の何割が紙くずとして燃えるゴミになってしまうのでしょうか。

例えば生鮮食品店とかならどうでしょう。
法人に売りますかね。
普通のスーパー形式ならまずないですよね。
町の八百屋さんとか魚屋さんなどは?
大口で卸している場合もあるかもしれませんが、法人とは取引していない方も多いのではないでしょうか。

例えば飲食店。
こちらも石材店と同じで法人相手ではなく、消費者相手の経営ですよね。

そして小売店形式で経営している石材店は、当店同様に、ほぼ全ての会社が該当するのではないでしょうか。
(問屋をしている石材店を除く)
いくら業界が狭いとは言え、全国規模で考えたら・・・・?

いくらの血税が燃えるゴミに変わっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

無駄をなくすために

いい加減、毎年毎年届いたものをゴミ箱に捨てる作業が無駄に思えたので電話してみました(笑)
消費税転嫁対策課?だったかな?案内の中にかかっていたところに電話したんです。

私「あの、毎年、条件に該当しないので捨ててしまっているのですが」
オペ「はい、法人間の取引はありませんか?」
私「いや、だから無いので、いつもそのままゴミなんですけど・・・」
オペ「はい、送付の取りやめをご希望ですね!」
私「いえ、まぁ、出来るならそれでお願いします」
オペ「かしこまりました!法人番号を・・・」

うーん、私の言いたいことが全然わかってないw
あくまで『アンケートの内容に回答する為だけのオペレーター』といったところでしょうか。
バイトすかね?

私「ただね、私が言いたいのはコレ、相当無駄じゃないってことなんすけど」
オペ「え、あの、あの、、、あの・・・ハイ。少々お待ちください」
私「はぁ」

「あの」連発で露骨に焦りだすオペレーターwwwwwwwwwwww
きっとマニュアルや研修で教えられなかったんだろうなぁ・・・
別に私は声を荒げて言ったりはしてませんし、冷静に意見しただけなのですが・・(笑)

オペ「あの、あの、頂いた貴重なご意見は中小企業庁として上にあげますので」
私「はぁ、よろしくお願いします」

(言っちゃえば、このオペレーターを雇う費用だってかなりの金額でしょう)

とにかく、これで当店分への封書の無駄だけでも差し止めることが出来ました。
・・・とか言って来年しれっと送ってきたら笑えませんけどね(笑)

『該当しない』企業の方は電話一本かけておくと良いのかも知れません。

というか、ある程度、中小企業庁側で法人の該当具合をフィルタリング出来ないものなんですかね?
無駄ばっかじゃないですか。
これで得するのはドコかしら?

  • 中小企業庁
  • 税務署
  • 印刷屋
  • 郵便局
  • 公正取引委員会

この辺ですかね。

中小企業庁の運営費ってどこから出てるんでしょう。
バカ高い法人税から出ているとしたら、マジで笑えません。

該当する場合で返信しなかった場合の罰則は?

では該当する場合で未提出の場合、罰則を受けてしまうのでしょうか。

結論から申し上げますと答えは【NO!!!】

回答は任意となっていますが,調査への御協力をお願いします。

引用元:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/shouhizeichousa.htm

回答はあくまで任意。
任意協力を拒否して罰則が与えられることはありません。
強制力はないということですね

ただ・・・これでは余計に紙の無駄として消えている量は増えてしまうのでは・・・・
本気で取り組むのであれば、該当する企業には強制的に回答させる条例でも作ってしまえば・・・・
いや、それに対する手間が無駄かな^^;

まぁ、該当する企業様は出来るだけ回答してあげた方が社会全体の為には良いことかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

消費税転嫁拒否アンケート・・・
確かに一部の企業にとっては救いの手となるかもしれませんが、それらの企業を救う為だけに、いくらの血税を突っ込んでいるんだって話です。

むしろ、その使った分を補助金にしてしまった方が早いんじゃないかとさえ思ってしまいますね。

-時事ネタまとめ!
-, , ,

Copyright© 横浜日野公園墓地の米陀石材店 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.